六段ロジックの説明
六段ロジックの説明
すべての数字で強リンクの連鎖を見つける。
奇数番目の数字すべて、偶数番目の数字すべて、のどちらかがそれぞれのマスの値となる。
偶数個のリンクの連鎖の両端が同じ数字で同じ行、列またはブロックにある場合か、違う数字で同じマスにある場合にはいずれの場合も両端の数字がともにそのマスの値になることはできない。
したがって、奇数番目の数字すべてがそれぞれのマスの値になれないなので、偶数番目の数字すべてがそれぞれのマスの値になり、奇数番目の数字はすべて候補から消せます。
適用例:赤い線が強リンクです。
本サイト内の六段の問題で、「コンピュータに途中まで解かせる」の五段で解けるところまで解いた後で、「ワンステップ実行」をした場合

  • a・b(1)、b・c(1)、d・e(3)、f・g(8)の4つのペアはそれぞれ行(横)または列(縦)でその数字が2つしか残っていない。
  • またc(1)・d(3)、e(3)・f(8)の2つのペアはそれぞれマスの中に候補数字が2つしか残っていない。
  • いずれの場合も、一方だけがそのマスの値となります。
  • したがって、(a、c、e、g)または(b、d、f)がそれぞれのマスの値となります。
  • ところがa(1)とg(8)は同じマスにあるので両方がそのマスの値になることはできません。
だからb、d、fのあるマスがそれぞれ1、3、8と決まり、a、c、e、gはすべて候補から消せます。
トップページに戻る時はこちら
(初期状態に戻ります。途中の状態のトップページに戻りたい場合はブラウザの戻るボタンを使ってください。)